TYPEFACE


2008/09/30

楽しい水族館(5)

夏休みに、いろいろ迷ったのですが、
やっぱり行ったほうがいいと思いました。

東北のとある水族館なのですが、
海獣が多いので私の中で結構『捨て水』でした。
でもやっぱり行っておかなければということで
入園料を払って入った、のですが。

チケット買って入ったら、いきなりフードコート。
水族館の入り口はそこからちょっと歩く感じ。

出鼻をくじかれた私をまず迎えてくれたのは
上フタのないピラニア水槽。
次は大きなピラルクー。
そして巨大なレッドテールCF。
隣の水槽には私の天敵、アロワナ。
あとはなにかわからん、いつもいる魚たち。

四面楚歌。

そのアロワナ水槽の底に、
中型のモトロが2匹。
救われました。

ズームカメラで見よう(仮)コーナーには
以前紹介した『オオグソクムシ』。
巨大ダンゴムシの足を観察。

その後も
・『ほやの養殖』
 (綱に無数のほやが絡む紅い姿は狩り取った心臓のよう)
・『水ダコ』
 (1.5mの水ダコと一緒にいるのは5〜60匹くらいのヒトデのみ)


hoya.jpg


海獣水槽にいた大きなラッコは、腹の脇がかゆかったらしく、
水中で掻いたほうがいいのか、陸に上がった方がいいのか
なやんでいる風でした。


・・・サメはどこにいる。


と思ったら最後の水槽にいました。

と、思ったのもつかの間。

底の槍のような巨大なしっぽ(根元の太さ30センチほど)
はなあに。
おそるおそる水槽に近寄ると、
それは、体の大きさが机二つ分くらいの
ウシエイでした。
水槽の底を排水の流れに沿って
ゆっくり回転しているではないですか!


最後まで、
意外と油断出来ない水族館でした。

結局は行って良かった。
(長くなったのでいたサメの種類は省略します)


%90%85%91%85.jpg


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dtp.to/mt/mt-tb.cgi/108


  • KOBAYASHI"
  • SHIMIZU
  • TANISEKI