TYPEFACE


2009/04/30

仔猫物語〜新たな生命〜

それは、小雨の降る夜の事でした。
いつものように、勝手口のある台所でくつろいでいると、どこからか、

「ミャア」「ミャア」

と小さな鳴き声が聞こえてきました。
「あれ? こまの鳴き声じゃないな……」と思いながらも
勝手口を開けてみると、そこには仔猫を口にくわえたこまがいました。

驚く間もなく、こまはその仔猫を置いて、
雨の降る中、どこかへすっとんでいってしまいました。

無責任だなーと思いながらドアを閉め、すぐに仔猫を拭いてあげました。
すると、また外で気配がしたので急いでドアを開けると
そこには、仔猫をくわえたこまがいたのです。

%20tibicafe3.jpg


(続く)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dtp.to/mt/mt-tb.cgi/231


  • KOBAYASHI"
  • SHIMIZU
  • TANISEKI