TYPEFACE


2013/12/24

ゆるキャランピック、開催!

こんにちは! アオキです。
いよいよ明日はクリスマスですね!

去る19日、タイプフェイスでは社員やアルバイトさんの
総勢15名が参加する、大忘年会を開催しました!
今日はその様子をレポートしたいと思います。


今年の忘年会は、題して
「ゆるキャランピック」!!!

各人が考えたゆるキャラに仮装した上で
3チームに分かれ料理をしつつ、
途中途中でチーム対抗ゲームでゆる〜く競い合いました。


選手宣誓で「ゆるキャランピック」開始です!
IMGP1620.JPG

ゲームで獲得できるチーム毎のポイントはもちろん、
「ゆるキャラ精神に則った行動」や「チーム愛を感じた場面」で個人に与えられる
“1pt”メダルも最後の集計のときにチームポイントに加算されるので、
忘年会中もキャラになりきってチームとして行動することが求められます!

このメダルで逆転の可能性もあります
IMGP1971.JPG


チーム毎に協力して、それぞれのチーム名の料理を作り上げます!

チーム芋煮
IMGP1629.jpg

チーム焼肉
IMGP1631.jpg

チームすき焼き
IMGP1646.jpg

------------------------------

調理が少し落ち着いた頃――


第一競技:ゆるキャラかるた

チームから代表者が2名出て、
全国のゆるキャラに関するカルタを取る競技です!
ゆるキャラのプロフィールが読み上げられ、それを早取りするのですが
そのものズバリなものから謎なものまで、ヒートアップました!

……だったのですが、すみません、記録係のわたしが
すき焼き調理に夢中になっていて写真を撮り逃してしまいました。

結果は3チームドローでした!

------------------------------

各チームの料理が出そろい、一段落ついたところで――


第二競技:ピンポンリレー

卓球のラケットにピンポン球を乗せ、
オフィスに設置されたコースを走り回る、全員参加のチームリレーです!
うまいこと、ピンポン球を落とさずにコースを回ってきても、
一番の難所 受け渡しで苦戦している人が多かった!
参加者が密集しているなかで落としてしまうと、
あらぬ方向に転がってしまい順位が入れ替わる場面も。

%8E%CA%90%5E.PNG

------------------------------

第三競技:粘土アートでヒントを作れ! 最強クリエイティブ決定戦

4色の粘土を使ってひとつのモチーフをつくり、
回答者がお題を当てる、という造形力と創造力が求められるゲームです。
4色をどこに使うのか、どういう風に表現するのかは相談できないので、
チームワークも鍛えられるゲームですね!
3チームが2回ずつ挑戦するなかで、一番の賞賛を集めたものはこちら。
お題はなにかわかりますか?
IMGP1705.JPG


…正解は「寿司」!

極彩色の粘土で再現したことはもちろん、
ネタ部分にあたる赤い粘土を実際に握るように置く、
緑の粘土はわさびとして最後に間に埋め込むなど、
細かい部分を工夫することで成功していました。

------------------------------

3つのゲームが終わったところで表彰式です!
「ゆるキャランピック」では5つの賞が用意されていました。
IMGP1656.JPG


ゲームの獲得ポイントで1位の「最強チームで賞」を獲得したのは……

チーム芋煮でした!
IMGP1980.jpg


このほかは個人での表彰です!

仮装の気合いの入り具合に感服した!、という「ゆるゆる界のクリエーターで賞」は、石川さん(中の人:小林麻実)
IMGP1937.JPG

来年はきっとこのゆるキャラが流行るだろう、という「今で賞」は、はまぐりくん(中の人:アルバイトSくん)
IMGP1965.JPG

ゆるキャラなのにかっこいい! ゆるキャラなのに超ハイセンス!、という「スタイリッシュで賞」は、ゆるかわまなぶ(中の人:小林祐司)
IMGP1950.JPG

どのゆるキャラよりも輝いて見えた!、という「ベストゆるキャリスト賞」は、くまそん(中の人:上原恵子)
IMGP1921.jpg

が受賞しました!


最後はみんなで集合写真!
IMGP2012.JPG


2013年最後のブログ投稿となります。
みなさま、本年も1年間大変お世話になりました。
来年以降も引き続きよろしくお願いいたします!!

次回は年明け、1月9日頃二ノ宮が更新いたしますのでお楽しみに。

みなさま、良いお年を!

 トラックバック (0)

2013/12/16

朝起きたら枕の横に…

こんにちは、コバヤシです(・∀・)/

世代がバレバレですが、、、
私はまさに『セーラームーン世代』です。
変身して悪を倒す女の子、実は月から来たプリンセス、
中学2年生なのに高校2年生の彼氏持ち、
未来から自分の子どもがやってきて一緒に生活する。。。

という何ともベタベタな設定ではありますが
夢見がちな当時の私(8歳〜13歳)にとって彼女は
憧れの存在でしかありませんでした。

「朝起きたら枕の横に変身コンパクトが置いてありますように!」

夜、布団に入りながら、
実は自分もセーラー戦士の1人で、
庭の片隅で変身ペンを使ってひっそりと変身し、友達に会いにいく、
という空想を何度したことでしょう。。。

ちなみに、おてんばなうさぎちゃん派、
セーラーVにも変身する美奈子ちゃん派
ボーイッシュな魅力に憧れるはるか派、など
好きなキャラは様々でしたが、
私はIQ300の天才、亜美ちゃん派でした(笑)

20111105_194211.jpg


なんでそんな事を思い出したかといいますと
(最近Yahooニュースにもなっていましたが)
この世代をターゲットとしたセーラームーングッズが
どんどん販売されているからなんです。

シャイニングムーンパウダー(3,980円)
1000082320_1.jpg


ミラクルロマンスネイルコレクション(5,250円)
1000082321_2.jpg


ムーンスティックリップスティック(1,780円)
1000084085_1.jpg


なんと、ピーチジョンとコラボした下着なんてのもあります。
7f8a88e7.jpg


あの頃、いくらねだっても買ってもらえなかった変身アイテム。
半年ごとに新しいアイテムに入れ替わってしまうんですから
買ってもらえなくて当然ですよね(笑)

大人になった今なら自分で買えちゃいます!
変身できないとは知っていても、
企業の戦略にのってしまっているな〜とは分かっていても、
なんだかワクワクせずにはいられません。
思わず、そんな子どもの頃を思い出したのでした。

次回は年内最後のブログ!
12/26(木)頃に青木寛が更新いたします!
お楽しみに〜d┃・∀・┃b

 トラックバック (0)

2013/12/16

色校正立ち会い。

みなさま

こんにちは☀
もう世間は2014年に向かってますね!!!

さて今日は、先日色校正の立ち会いに
行ってきました模様を少しだけ...。

インクの匂いと機械音が鳴り響く工場。


初めて立ち会わせていただいたのですが、
オペレーターさんの技術に本当に感動しました!!!
一緒になっていろいろ試行錯誤をしてくださり、
とーっても素敵な仕上がりとなりました。




次回は12/19(木)頃に小林マミが更新いたします♫
よろしくお願いいたしますー!!!

もりた


2013/12/08

クリスマス小噺

お疲れさまです、小林祐司です。
「恋するフォーチュンクッキー」のPVを観て以来、
大島優子さんの大ファンです。

いつのまにか12月ということで、街はすっかりクリスマス気分ですね。
さてさて、クリスマスといえばケーキですが、
ここでケーキにかんする小噺を一つ。

これはだいぶ前に僕が電車に乗っていたときの話なんですが、
つり革につかまってウツラウツラとしていると、
目の前の席に座っていたカップルが大声でしゃべりだしたんですよ。

男の方はスーツを着たシュッとした顔立ちをした人で、
女はどちらかというと少しギャルっぽいというか、今どきの女性でした。

なんとなく話の流れを盗み聞きしていると、
どうやらケーキミックスを使ったケーキの話らしいんですが、
やけに男の方がケーキの作り方に詳しいんですよ。

女の方は全然話についていけてない感じで
「へ〜」「そうなんだ〜」と相づちばかり。

男の方は得意げに横文字を使ってケーキの話をするんですが、
僕にはまっ〜たく理解できない。
しまいにはケーキの話なのに「カブがかなり美味しい」と言い出す始末。

さすがにケーキにカブは合わないだろうこの甘党男子め、
僕はそう叫びながら胸ぐらを掴みそうになったんですが、
意外とカブも漬け物にすると甘みが出るなと思いなおし、
もしかしたらケーキとカブって合うんじゃないかな〜、
新しいな〜新しいな〜、
この男はよっぽど前衛的なパティシエなんだな〜、
鎧塚も真っ青だな〜、
と思い感心し始めたんです。

いつのまにか僕もそのケーキに興味を持ち始めましてね、
身を乗り出してその男の話に耳を傾け始め、
なんとかカブを使ったケーキのレシピをふんだくろうと
躍起になっていたんですが、
その男、なんとケーキミックスの粉の振り方にまで持論を語り始めたんですよ。

外国語交じりに「中にフレ」とか、
よくわかならい調理器具を指定して「○○でフレ」と細かく言い出した。
さすがにそこまで細かく言わなくてもいいだろう、
粉の振り方で味なんか変わるもんか!
私はなんだかもう飽きれて胸ぐらを掴む気もなくなってしまった。

そこでどうやら男は最寄り駅についたらしく、
女に別れを告げると颯爽と電車を降りて行った。

私はなんとか会話を盗み聞きした内容を
ケーキ作りに照らし合わせてみたんですが、
どうやっても美味しいケーキなんて作れそうにないんですよ。

あれー、おかしいな〜、
なんだか変だな〜、
こわいな〜こわいな〜。

なんとも後味の悪い思いをしていたら自分の最寄り駅についたんで、
納得がいかないまま家に帰ったんですよ。

帰り道、月明かりに照らされた坂道の途中、
なんだか嫌な予感がして後ろを振り向いた。

けれどもそこには誰もいない。

私はなんだか怖くなってしまいましてね、
そして無性にお腹が空いたんで、
小走りで家まで帰ったんだ。

家に着くと急いで玄関の扉を開けて廊下を歩き、
リビングを扉をゆっくりと開ける。

ぎぃ〜〜〜っつ。

サーッと部屋に入り込むと、
すーっとダイニングテーブルの席についた。

夕飯まだかな〜まだかな〜。
しばらくすると、
美味しそうな匂いとともに料理がテーブルに運ばれてくる。

その瞬間、

うわあ。

私は大きな声を上げて叫んだ。

なんとその日の夕飯に、

カブが出て来たんですよ。

私、背筋にスーッと汗が走りましてね。

そして思ったんだ。
あれ、もしかしてあの男、この世の者じゃないな、、、と。


ですが今思い返すと違ったんだ。
今ではすべて腑に落ちるんですよ。

ああそうか、
あれは「ケーキミックス」の「ケーキ」の話じゃない。


「アベノミクス」の「景気」の話しか。って…。


おあとがよろしいようで。
次回は森田が12月12日頃に颯爽と更新いたします。

すごくどうしようもないブログですいません。
でも書くのに2日かかりました。



go.jpg

 トラックバック (0)

  • KOBAYASHI"
  • SHIMIZU
  • TANISEKI