TYPEFACE


2014/01/30

クラゲヒーリングナイトin江ノ島水族館

こんにちは!
鎌倉好きで有名なコバヤシです。

1/25(土)〜26(日)に開催されていた
『クラゲヒーリングナイト』というイベントに参加してきました。

なんと新江ノ島水族館に1泊できる!
という、ワクワクな内容となっているのです。

参加条件は、
20歳以上の女性の方(※健康かつ集団行動の規律を守れる方)
という面白いもの(笑)

とっっっっっても癒されるイベントでしたので
レポートさせて頂きますね d┃・∀・┃b

私がこのイベントを知ったのは
益田ミリさんの『心がほどける小さな旅』という本を
手にしたのがきっかけです。(ブログに2回目の登場!)
本の中では益田さんの体験記が読めますよ〜!

4864101574.jpg

最寄り駅は小田急線の『片瀬江ノ島』駅。
歩いて5分程の所に新江ノ島水族館はあります。

mami01.jpg

mami02.jpg

前日に仕事でトラブルが発生し
てんてこ舞いな友人が到着するまで1人海岸で待ちぼうけ。
風が強い日でしたが、子ども連れのファミリーでにぎわっていました。
ここからは富士山もキレイに見えるのですね〜知りませんでした。

mami03.jpg

イベント開始は土曜日の17時。
閉館後の水族館にドキドキしながら入館!

このイベント、クラゲを見て癒されよう! というだけではなく
長年クラゲの研究に力を注いできた水族館である事から
クラゲに関する色々な催しも企画されしてくれているのです。

・クラゲと記念撮影をしよう!
・クラゲクイズ
(クラゲが刺すのは身を守るためではなく、獲物を捕らえるため、らしい)
・クラゲを触ってみよう(まるでナタデココ!)
・水族館ナイトツアー(昼間では気づかないけど、光ってる魚がいる!)
・クラゲの飼育バックヤード見学(極小クラゲが大量!)

mami04.jpg

夕飯は大水槽の前でビュッフェ形式です!
ちゃんと暖かい食べ物やスープもあって、
食べ切れない程のボリュームが出てきます。
もちろんデザートまで!

そして、目の前の水槽で水中ショーをしてくれます!

mami05.jpg

宿泊場所は夕飯会場であった「相模湾大水槽前」か
「クラゲゾーン」の2択です。
この会の参加者は41名。
半々に分かれなければならないのですが、場所はなんと抽選方式(笑)

受付の際に引いた番号札の順番に場所を選べるとの事。
私は運良く『6番(全部で21番まである)』の番号札を
引き当てていたのでした〜!!

選んだのは迷わず「相模湾大水槽前」。
益田さんの体験記では
「大水槽前にすればよかった!と、のちのち後悔した
(でも癒されたのでクラゲ水槽前でよしとする)」
と書いてあったのをわたしは知っているーーー!

1列目のセンターポジションをゲット! とはいきませんでしたが、
2列目のセンターポジションをゲットする事ができました(●゚∀゚)ノ

毛布はレンタル。1枚500円。(寝袋持参の人もいます)
エアーベッドは無料で貸し出してくれます。

mami06.jpg

▼左下の黒いのが、1列目の人のベッドです。近い!
mami07.jpg

消灯時間は23時。
通常の状態よりも照明はぐんと落ちますが、
夜中も魚が泳いでいる様子を見る事ができます。

魚も泳ぎながら寝ているみたいなので
昼間に比べると動きが鈍い感じ。

私は眠るのがもったいなくて、
ちょこちょこ起きては目の前の魚を眺めていました。
海の底で眠っているような感覚になります。

翌朝の起床時間は6:30。(10時から開館するため)
朝食(パン、サラダ、ジュース、ゼリー)のあとは
朝のイルカの健康診断を見学することができます。
(お尻に体温計を突き刺して計測していたりする)

解散後もパスを使って自由に出入りができるので
イルカショーを見学したりして満喫しました。

mami08.jpg

さすがに水族館にはお風呂はないので
帰りは江ノ島のスパに立ち寄って
お風呂&昼寝&シラス丼を食べて帰ってきました(笑)

参加費はひとり12,000円。
決して安くはないですが、なかなかできない経験ができて
食事も2回ついて、水族館を出入りできるパス(1日券)がもらえて
私は大満足でした!

このイベントは頻繁に開催されているようなので
私ももう一度参加したいな〜と思っています。
次は最前列のセンターポジションで眠ってみたい!

次回は2/22(土)〜23(日)で開催されるみたいですよ。
2/1(土)が締切ということですので、興味のある方はお早めに!

スペシャルお泊りナイトツアー
大人の女性限定!「クラゲヒーリングナイト」

http://www.enosui.com/overnightentry.php?category=22


次回は2/6(木)頃に
弊社のイベント隊長、青木寛が更新いたします!


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dtp.to/mt/mt-tb.cgi/524


  • KOBAYASHI"
  • SHIMIZU
  • TANISEKI