TYPEFACE


2015/11/30

藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきました。

こんにちは! 串田です。
もう12月も間近となりましたね。
2015年やり残したこと、行きたかったところはありませんか?

串田は行きたいけど、すぐ行けないところが何箇所もあります。
そんなとき『あー、どこでもドアがあればなあ〜』とよく思うのです。

ということで! どこでもドアを探してきました!!
%82%C7%82%B1%82%C5%82%E0%83h%83A.jpg


ここは、神奈川県にある、『川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム』。
実は川崎市は弊社経理、鳥海の地元。
10〜11月、弊社ご来社のお客さまにお出ししていたお菓子も、
こちらで購入したものなんですよー☆

という訳で、今回は、こちら『川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム』の
ご紹介を少ししたいと思います。

あたたかみある笑い、ありふれた子どもたちの日常、
こだわり続けた「SF-すこしふしぎ-」。
藤子・F・不二雄(本名:藤本弘)は、読んだ人の心まで笑顔にする、
そんな「まんが」を描き続けました。
夢、希望、友情、勇気、大いなる好奇心。
そして、人を愛する優しい気持ち…。
これらの思いを、当ミュージアムは現在に…、
そして未来へ伝え続けていきます。

という想いをコンセプトに建てられたこのミュージアムは、
藤子・F・不二雄さんの描いた漫画にまつわる展示を
大人も子どもも楽しめる形で展示している、夢いっぱいの場所。
原画を直に見ることができたり、
ミニシアターで日替わりのアニメを鑑賞できたりと、
また来たくなる魅力が満載です!!

%8C%B4%82%C1%82%CF%82%CC%8B%B0%97%B3.jpg
どこでもドアの他にも……恐竜もいました!

%83%7D%83%93%83K%93%C7%82%DE%82%C6%82%B1%82%EB.jpg
藤子・F・不二雄さんの漫画を読めるスペースです。

中の展示も盛りだくさん。
窓の外を見ると……
誰かが覗いています!!驚

%90X02.jpg
ジャングル黒べえという作品に出てくる、ベッカンコの神さま像、だそうです。

串田が特に素敵! だと思ったのは、
案内のための表示(サイン)もドラえもん仕様になっているところ。

%90%85%88%F9%82%DD%8F%EA.jpg
水飲み場です。表示、というより、一目で水飲み場と分かるイラストです。

%82%B5%82%B8%82%A9%82%BF%82%E1%82%F1.jpg
もじもじしているしずかちゃん。
トイレの待ち時間も穏やかな気持ちで待っていられそうです!

%91%BD%96%DA%93I%83g%83C%83%8C.jpg
多目的トイレです。


%83G%83%8C%83x%81%5B%83%5E%81%5B.jpg
エレベーターです。フワ〜


細部までこだわっていて、
『楽しんでもらいたい』という気持ちが伝わってくるミュージアムでした〜♪
他にもまだまだ楽しめるところがいっぱいの、
川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム。
2016年のお出かけにいかがでしょうか?


次は、森田が更新予定です!
お楽しみに〜♪


INFORMATION--------------------------------------------------------

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

開館時間10:00〜18:00
休館日 毎週火曜日、年末年始(12月30日〜1月3日)

住所 〒214-0023
神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8番1号

アクセス 小田急線およびJR南武線登戸駅より川崎市バスによる直行便が運行
小田急線向ヶ丘遊園駅 徒歩16分JR南武線宿河原駅 徒歩15分
※タクシー登戸駅から 約6分(1.4km)初乗り運賃程度

チケット 日時指定による予約制です。
(毎月30日発売。ローソンだけで購入できます。)

2015/11/27

蝉の声を聞く度に、目に浮かぶ九十九里浜?

こんにちは!

寒くなってきたので、愛ハム(愛犬ならぬ、愛ハムスター)に
ヒーターを24時間つけるようになった清水です。

今回は、小林に引き続き、
私もマイブームを紹介したいと思います。

それはずばり
「レンタカーでドライブ」
(略してレンドラ?笑)

休日に友人と「暇だね〜、ドライブいこう」と、
何気ない会話から行くことが最近多くなりました。

東京に出てきたら、なかなか車を運転する機会ってないですよね。
ましてや、首都高なんておそろしや。。。

ですが、ここ最近のドライブで首都高はデビューしました。
401889.LINE.jpg
レインボーブリッジ
THE 東京!


そして適当に目指した九十九里浜!笑
401886.LINE.jpg
天気悪い!寒い!波怖い!!笑


浜をそそくさと後にし、ちかくの海鮮屋さんに。
蛤が大量でした!
401887.LINE.jpg


そして帰りにはアクアラインを通ろうと、
適当に考え、海ほたるに!
401890.LINE.jpg

適当に考えすぎたため、
通行量に4800円くらい取られることを知らず、
青い顔になりました。。。笑
でも、これも思い出と気にしないことにしました!


今日(11/27)も仕事終りに、
山にでもレンタカーで行って、星を見ようかと思います!


次は、串田or森田が更新予定です!!
お楽しみに〜〜〜!

 トラックバック (0)

2015/11/27

安住紳一郎の日曜天国

こんにちは!小林です。

今週から東京は一気に寒くなりましたね。

クローゼットから毛布を取り出し、
寝る前に暖房をつけ、
冬を感じる一週間でした。

最近わたしがハマっていることをご紹介します。

それは、iPhoneでPodcastを聴くこと!

朝晩の通勤中に延々と聴き続けております。

Podcast:インターネット経由でデジタルオーディオプレーヤー向けに音声データを配信するサービス。主にラジオ番組で関連する音声/音楽コンテンツの配信に利用されている。“Podcasting(ポッドキャスティング)"とも呼ばれる。

何のラジオ番組を聴いているかといいますと
安住紳一郎の日曜天国(通称:にち10(にちてん))』!

300_300.jpg


日曜の朝10〜12時まで、TBSラジオで放送されているのですが、
過去の放送分はPodcastで聴くことができるのです。

2005年4月10日から放送が開始されて10年。
500回を超える過去の放送を延々と遡って聴いております。

まだ250回分の視聴が残っていますが、
今現在での私のおすすめはこちら!!

(1)2015/2/8 和歌山の赤ちゃんパンダ
安住紳一郎さん、何故だかパンダにすごく詳しいのです(笑)
アナウンサー界イチといっていいほどだ!
とご本人がラジオの中で仰っていました(笑)
和歌山はアドベンチャーワールドで生まれた
双子の赤ちゃんパンダの名前を見事当てるのですが、
その名前に至った経緯や応募方法、その後の動きに至るまでを詳しく解説。
安住さんのパンダへの愛・熱量に注目!です!

(2)2015/3/22 私たちは自称気象庁です
新人レポーターをいじめる安住さんに注目。
(嫌な感じのいじめじゃないですよ・笑)
現場にいる方に話しかけるのをためらうレポーター、
勇気を出して話しかけることの大切さを教える安住さん、
話しかけることの大切さに気づくレポーター
そう、これは数分間のレポーターの成長物語なのです。

(3)2014/9/20 朝食バイキングは人間の全てがでる!
朝食バイキング(ブッフェ・ビュッフェではないこともラジオ内で言及)に
並々ならぬこだわりをみせる安住さん。
バイキングの取り方のこだわり、席のこだわり、
今まで出会った最高の朝食バイキングについて。
朝食バイキングは人間の全てがでる!
うん、たしかに!
そんな気がしてくる放送回です。

今週日曜日は、
今年のフランチャイズタウンである小田原(三の丸小学校・体育館)で、
にち10の4回目の公開放送が開催されます。

わたしも毎年公募されるバスツアーに応募したのですが、あえなく落選(泣)

競争率は毎年10倍くらいとのこと。
100名の募集なので1,000人を超える応募があるということですね〜〜〜

フランチャイズタウン:
2007年から毎年12月のスペシャルウイークには、企画の一環として「リスナー確認調査」と呼ばれる企画が行なわれている。リスナーに対して「どのエリアから聴取しているか」をリクエスト電話やFAX、電子メールなどリアルタイムな手段で連絡してもらい、国盗り合戦の雰囲気を織り交ぜつつ選挙速報形式で伝えてゆく、生放送のラジオの双方向性を生かした企画となっている。その中で、番組と「相性」が最も良い市区町村を番組の「フランチャイズ」(その市区町村から公開放送を行うなどの番組の拠点)にするとした。

この公開放送に合わせて校庭では出店コーナーがあり、
地域の名産品コーナーや、
歴代フランチャイズタウンからの出店、
TBSラジオ編成局長調理のチョコバナナ、
日曜天国歴代プロデューサーの調理による豚汁などなど
複数のお店が出店するのです。

来年こそは公開放送に参加したい!!!
と意気込んでいる小林なのでした。

放送中にハガキが読まれると
こんな素敵なポストカードが貰えるんですよ。
毒っ気があって可愛いです♪

201210_post_big.jpg


順不同となっていますが、
次回は串田or清水or森田がアップ予定です。

お楽しみに〜(*^◯^*)

  • KOBAYASHI"
  • SHIMIZU
  • TANISEKI